今流行りのクラウドサービスとは何でしょうか?需要が高まった理由はインターネットが普及したことです。

なぜ普及するようになったのか
なぜ普及するようになったのか

なぜ普及するようになったのか

最近クラウドサービスをあらゆる企業で提供するようになりました。
巷でもその言葉を聞く機会が増えましたので、使った事はなくても言葉だけは知っている方も増えたと思います。
まずはその意味について理解しましょう。
クラウド(Cloud)とは英語で雲の事を意味します。
簡単に説明するとこれはインターネット上に自分専用のデータ保存スペースを置くことです。
今まで文書や写真などを作成、取り込みをすると自分自身のパソコンのハードディスクに保存しておくのが一般的なやり方だったと思います。
それを今度はインターネット上にあるクラウドに保存しておくのです。
最初は一部のインターネット関連の業者が提供していたサービスでしたが最近は異業種でさえもそのサービスに参入する動きがみられるようになってきたのです。
なぜこれほどまでにクラウドサービスが普及したのかその理由について考えてみましょう。
ひとつはインターネットの普及です。
今までインターネットを利用できる場所というのは限られていました。
インターネット回線が引かれてある自宅やオフィス内でしか使うことが出来なかったのです。
少し前にも外でデータ通信ができるサービスがありましたが、ごく一部のビジネスマンしか使用していなかったのです。
それがスマートフォンの普及により大きく変わりました。
家でも自宅の外でもどこでもインターネットを利用することが出来るようになったのです。
そこであらゆるインターネットに関連したサービスが充実するようになりました。
クラウドもその一つなのです。
一人で複数台の端末を持つ方も増えています。
自宅や会社のパソコン、さらにはタブレット端末、スマートフォンなど自分ひとりだけで端末を3台以上使いこなしている方も大勢いらっしゃいます。
例えばひとつの端末に保存してあるデータや写真等を見たい時は今まではそれをメール等で送るしか画像やデータを共有する方法がなかったのです。
その処理をいちいち行うのは面倒だと思いませんか?
それをインターネット上で管理すればどの端末からでもアクセスできるようになるのです。